医療、看護、介護領域の体位(たいい)は、体の位置や姿勢のことを指す。 産婦人科での診察、出産時の姿勢などでは、仰臥位、側臥位、また救急時のものでは昏睡体位といったようなものがある。いずれも受診者、出産者の単独の体位である。そのほか、検査や治療上で用いられる体位には、シムズ体位、膝胸体位、切石体位、トレンデレンブルグ体位などがある。泌尿器科、肛門科、産婦人科などで多く用いられる。 医療で行われる画像診断(主に診療放射線技師によるX線撮影など)では、立位、座位、臥位を始め、側臥位(デクビタス)、外転・内転、外旋・内旋、反跳位など、診断目的に応じて適宜組み合わせられている。例えば、胸部X線撮影の場合、心不全の心拡大、胸水貯留、鬱血による血管影拡大、呼吸不全の確認、また腹部X線撮影の場合、腸閉塞(イレウス)のニボー、消化管穿孔のフリーエアー、急性腹症の確認など、検査時の体位が診断所見に及ぼす影響は非常に大きい。 心不全では、上体を起こした体位でないと、呼吸困難に陥る場合がある。 体位は血中の酸素濃度にも影響を与え、呼吸機能が低下した患者において、仰臥位と腹臥位では肺内部の酸素量と血液量の分布に差があり、効率的なガス交換を行うために、患者の状態に合わせた体位の選択が重要である。 介護、看護領域では褥創の防止のために、一定時間以上同じ体位をとりつづけさせないよう、体位変換を適宜行うことが重要である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

認定薬剤師制度 TOP 助産師と看護師の話 転職経験済みの看護師が語る退職手続きの進め方! ねえしってる?最近流行りの看護師転職サイト…こんな利点があるんだよ!